キリスト教のお墓や墓地

キリスト教葬儀やお墓。キリスト教信仰者式場に葬祭をしたいが、僧院の墓石はどうしたらいいのか?遺骨を埋葬し直したいけれども、費用が少ないやり方は?クリスチャン記念会援助対応では、墓石のお手配や埋葬もお手伝いさせていただきます。

 

父君のためにキリスト教信仰者葬送を、ご令嬢よりご希望いただきました。

 

九十五歳で亡くなったため、兄や弟さまは以前に召天されているという事情のため、遺族や親族だけでのキリスト教信仰者メモリアル礼拝をご要望くださいました。

 

お父上もご一家も、地域のチャペルには加入していないのではありますが、神さまへの信仰はあり、ご自宅にてファミリーと一緒に聖書勉強や賛美を捧げることがたびたびおありだったようです。

 

お父様が救いを確信して息を引き取ったわけですから、喪主さまたちはつらさはありながらも、天に召されたということを信じて委ねているようでした。

 

 

キリスト教のお墓

 

基督教お墓建立支援。

 

キリスト教墓石の趣旨や形式。

 

日本で基督教を信じようとするとき、押し立つ難題は代々のお墓についてではないでしょうか。

 

長男であるため家のお墓を継がなければならない方。

 

夫が先祖代々の墓を有している家柄だから、自分もそこへ骨を入れなければならない基督教を信仰しているお嫁さん。

 

妻夫 で宗教が異なるような場合、別々のお墓を造るのか。

 

墓守りは、近親者にしてみればとても意義ある内容なので、いざこざが起きることが多いと思います。

 

キリスト教徒が墓を持つ理由は、蘇りするときのために安置しておくということであります。

 

終末には、あらゆる人間が生き返って、最後の判決を受けることになるとヨハネの黙示録に記されています。

 

キリスト教 お墓記事一覧

キリスト教の墓石の価格やデザインと費用お見積り。キリスト教信仰者弔いの主要なお金は、牧師やオルガン奏者への感謝、建物利用値段、霊園などがあります。キリスト教信者お墓建立支援。墓石の趣旨や埋葬の仕方。日本の地で基督教の教会に入信するとき、向かい合う悩みとは先祖のお墓をどうしたらいいのかが多いと思います。一人っ子だから代々のお墓を継承しなければならない人。亭主がお寺の墓を所有している家柄であるから、自...