キリスト教葬儀の意義や体験談

キリスト教葬儀やお墓の価格や費用と業者比較。キリスト教弔いの主なコストは、神父やピアノ奏者へのお礼、チャペル活用代金、納骨堂などです。葬祭屋は、遺骸の輸送から式典会場の予約、葬礼の段取りまで一切を行います。

 

キリスト教葬送支援受付の葬儀は、聖職者が真心から提供します。

 

真っ先にキリスト教徒告別支援受付にお電話ください。

 

亡くなった場所に寝台車で運搬に参ります。

 

それから、関係者の方々で棺に入れることをします。

 

儀式場に移動して、故人様を追悼します。

 

奉仕者が参列者を道案内します。

 

息を引き取った歩みに思いを巡らしながら、祈りをすることをします。

 

聖職者が適切な神さまのみ言葉を告げます。

 

逝去した方を見届けて、偲ぶ時を持ちます。

 

 

キリスト教葬儀の体験談

 

父君のためにキリスト者弔いを、ご子息よりご希望いただきました。

 

九十五才で召されたため、御兄弟はだいぶ前に亡くなっているという事情のため、家族のみでのキリスト者葬儀をご希望くださいました。

 

ご本人もご子息も、特定のチャペルへは入っていないのではありますが、信仰はおありで、ご家庭にてファミリーと共に聖書勉強やお祈りをすることがしばしばおありだったようです。

 

お父さんが神さまを信じて亡くなられたために、ファミリーは悲哀はありながらも、天に召されたことを確信しているご様子でした。

 

 

キリスト教葬儀やお墓

 

基督教お墓建立ナビ。

 

キリスト教信仰者のお墓の趣旨や埋葬方法。

 

日本で生まれ育った方が基督教を信仰する時、押し立つ難題とは家のお墓をどうしたらいいのかではないでしょうか。

 

一人っ子といういことでお墓を継がなければいけない人。

 

旦那がお寺の墓石を持っている家系であるから、自分もそこに納骨しなければならないキリスト者の婦女。

 

妻夫 が拝んでいる神の対象が異なる際、一緒のお墓に入るのか。

 

代々のお墓の問題は、縁類にとって甚だ重みのある事柄でありますので、親族争いになることが多々あるはずです。

 

キリスト教信仰者が墓石を建てる理由は、最後の審判の前の復活のために保管しておくためである。

 

終末には、すべての人々が生き返らされて、最後の審判を受けることになると聖なる書物を通して示されています。

 

断じて、遺骨と関連がないわけではない。

 

イスラエルの中にあるオリーブ山には、救い主の再臨の時に即座に死者の中から生き返らされて、救い主のもとに携挙されるようにと、あまたの聖書を信じている人が石の棺の中に体を埋葬して備えています。

 

こういったキリスト教の復活の約束を基に墓石にご遺体を置くのが、キリスト教信仰者としてお墓の重要な意味です。

 

どうしたことか我が国では、クリスチャンは墓参りをしてはならないというような偏った見方が広まっていますが、聖書信仰者はお墓の前でお祈りを行います。

 

 

キリスト教式での葬儀の流れ

 

キリスト教葬祭支援センターのお葬式、パスターが大切にして提供します。

 

即座にキリスト教追悼増援対応にお問い合わせください。

 

逝去した所に霊柩車で移動に行きます。

 

続いて、御家族の皆さまと納棺をします。

 

儀式場に移り、故人様を追悼します。

 

司式者が関係者をお導きします。

 

故人の人生に思いを巡らしながら、お祈りを捧げることをします。

 

司式者がふさわしいバイブルの御言葉を言います。

 

故人様を見届けて、想い出を分かち合います。

 

 

キリスト教葬儀への牧師派遣

 

キリスト教の葬式で聖書を語る牧師の依頼のみでも対応します。

 

周囲の告別式場に申し込んでいるのだけど、聖書の宣言は確かな牧師に頼みたいという喪主様に。

 

ベテランのピアニストによる音楽のお葬式。

 

教会員葬祭の主要な料金は、牧師や奉仕者へのお礼、建物使用値段、墓ということになります。

 

葬儀業者は、遺体の運搬から式典会場の手配、追悼の申し合わせまで一切を行います。

 

更新履歴